COST

費用

残業代の請求、不当解雇【成功報酬制】

相談料 0円
着手金(交渉・労働審判) 0円
ご依頼後の対応内容
任意交渉で解決 労働審判で解決
残業代請求のみ 30万円+18% 30万円+24%
不当解雇のみ 30万円+18% 30万円+24%
残業代請求+不当解雇 40万円+18% 45万円+24%
残業代請求+その他の事件類型
(不当解雇以外)
一つ類型が加わるごとに固定報酬10万円アップ
ご依頼後の対応内容
任意交渉で解決 労働審判で解決
残業代請求のみ 30万円+18% 30万円+24%
不当解雇のみ 30万円+18% 30万円+24%
残業代請求+不当解雇 40万円+18% 45万円+24%
残業代請求+その他の事件類型
(不当解雇以外)
一つ類型が加わるごとに固定報酬10万円アップ
  • 税抜の金額です。
  • 回収金額が、固定報酬部分を下回った場合、回収額より上の弁護士報酬はいただきません。
  • 労働審判申立時に特別実費(印紙代、郵券代)を事前にお支払いいただきます。
  • その他の事件類型とは、未払い賃金請求、債務不存在確認、パワハラ、セクハラ等を意味します。
  • 訴訟を希望される場合は、別途着手金が必要になることがあります。金額等については、その際に相談させて頂きます。

日当

労働審判 無料
訴訟 1回につき3万円
  • 訴訟の日当は都度払いです。

提示額保証制度

提示額保証制度とは「回収金額が固定報酬部分を下回った場合、回収額より上の弁護士報酬はいただかない」という制度です。 つまり、当制度によってご依頼者様が損をすることは原則としてございませんのでご安心ください。

  • 労働審判に至った場合など提示額保証制度対象外の費用が発生する場合がございます。
    詳細はご相談時に説明いたします。
提示額保証制度

CONTACT

QUEST法律事務所への法律相談に関するお問い合わせはこちら

pagetop